ランニング初心者のトレーニング方法 ペース走で7km走れる身体をつくろう

ランニング初心者のトレーニング方法 ペース走で7km走れる身体をつくろう

ランニングを始めたばかり、

あるいはこれから始める初心者向けの具体的なトレーニング方法をご紹介します。

 

「走り出しても続かない、途中で歩いてしまう…」

というランニング初心者の方はいませんか?

 

もしかするとトレーニング方法が間違っているかもしれません。

 

ペース走を取り入れた

ランニング初心者向けのトレーニングメニューで

7㎞走り続けられる身体を最短で手に入れましょう!
 
 

【スポンサードリンク】

 
 

ランニング初心者はランニングから始めてはいけない理由 トレーニングはウォーキングから

体力や運動能力は人様々。

 

ランニング初心者といっても、

運動経験があって体力がもともとある方と、

運動は苦手という方のトレーニングメニューは

同じランニング初心者でも全く違ったものになってくることはお分かりですよね。

 

今回は「5㎞を楽に走れるかどうか」で

線引きしていきたいと思います。

 

もともと運動が苦手な方は身体の使い方があまり上手ではありません。

 

まずは、ランニングする前に身体の使い方を覚える方が

今後ランニングを続けていく上で絶対におすすめなのです。

 

ランニングはウォーキングの延長にあります。

 

「走り出しても続かない、途中で歩いてしまう…」

という方はそもそも走り出すペースが

合っていないということになります。

 

走り続けられないようなペースでのトレーニングは非効率的ですし、

走り続けることのできる距離がほとんどない方は

まずウォーキングからトレーニングを始めるべきです。

 

まずはウォーキングで身体の使い方を覚え、

ランニングに移行していきましょう。
 
 

【スポンサードリンク】

 
 

ランニング初心者のトレーニング方法 STEP1 ウォーキング+ランニング ペースは10分/kmから

平日①エクササイズ・ウォーキング30分

平日②エクササイズ・ウォーキング20分+ランニング10分(ペース10分/km)

週末③エクササイズ・ウォーキング40分

・以上のトレーニング・メニューを週に3回行う

・筋肉回復の観点から①〜③の間はそれぞれ中1日あけ、③〜①の間は2日あけることがオススメ

 

ランニング初心者はまずエクササイズ・ウォーキングから始めます。

 

エクササイズ・ウォーキングとは、

正しいランニングフォームをそのままウォーキングに取り入れた

ウォーキング方法になります。

 

正しいランニングフォームこちら

 

正しいランニングフォームを意識しながら、

10分で1㎞進むことができるペースでウォーキングします。

 

エクササイズ・ウォーキングを無理なく

20分続けることができるようになったら、

次はいよいよランニングです。

 

エクササイズ・ウォークと同じ10分/kmペースの

ランニングから始めます。

 

10分/kmのペースは早歩きと同じペースです。

もっと早く走りたくなる気持ちを抑えて、10分/kmのペースで続けます。

 

次のステップに進む目安は、

以上のメニューが楽にこなせるようになったら。

 

2週間続けてみて、

ゼイゼイしない呼吸が楽にできる

翌日ひどい筋肉痛にならないといったポイントが揃えば

次に進みましょう。

【スポンサードリンク】

LEAVE A REPLY

*
* (公開されません)
*