ランニングダイエットで時間が30分以下だと脂肪が燃焼しない?ダイエットに最適な時間帯はいつなのか

ランニングダイエットで時間が30分以下だと脂肪が燃焼しない?ダイエットに最適な時間帯はいつなのか
ランニングダイエットにおいてのランニング継続時間と

ダイエットに効果的な時間帯にスポットを当ててみました!

 

リバウンドを避けるためにダイエットに運動を組み込むことは常識となりました。

自分のペースでいつでもできる運動として、

ダイエットのための運動としてランニングを選ぶ人が増えています。

 

ランニングをするからにはダイエットに効果的な方法で続けたいですよね。

 

そこで気になるのが、ランニングをする時間です。

よく聞く”ダイエットで脂肪を燃焼するためには30分以上の継続が必要”説ですが、

どういった根拠があるのかご存知ですか?

 

そしてその根拠を知ることによって明らかになる

ランニングダイエットのコツがありました。

 

ランニングダイエットにおける効果的なランニング継続時間と、

ダイエットに効果的なランニングする時間帯についてご紹介します。
 
 

【スポンサードリンク】

 
 

ランニングでダイエットするためには30分以上のランニング時間が必要なの?その理由は?

ダイエットに関心がある方なら、

“ダイエット目的の有酸素運動は30分以上続けないと意味がない”

というフレーズを聞いたことがある方も多いかもしれませんね。

 

ダイエット目的の運動=30分以上必要の方程式には

いったいどんな背景があるのでしょうか?

 

その背景にあるものが全ダイエッター共通の希望である

「脂肪を減らしたい!」という願望にもとづくものでした。

 

一説では脂肪の燃焼にはある程度の時間がかかると言われています。

ランニングを始めてしばらくは脂肪は燃えていないのです。

 

脂肪が燃えるまでの間、燃えているのは糖です。

糖のなかでもランニングでエネルギー源として使われる順番は大きく分けて2つ

 

まず最初に血中の糖が使われ、血中の糖が少なくなってくると、

次に肝臓に蓄えている肝グリコーゲンが使われ始めます。

 

そして肝グリコーゲンが少なくなってから使われ始めるのが、

体脂肪ということになるのです。

 

身体の余分な体脂肪がエネルギー源として

使われるまでの時間の目安が30分という数字であり、

ダイエット目的の運動=30分以上必要の方程式の誕生の由来であると思われます。
 
 

【スポンサードリンク】

 
 

ランニングでダイエット効果を上げる!脂肪燃焼までの時間短縮は可能?

ダイエット目的の運動=30分以上必要と言われる理由はよくわかりましたが、

30分以上ランニングをするためには

ランニング前後のストレッチや準備などの時間を考えても1時間以上の時間が必要になってきます。

 

忙しい平日にこれだけの時間をランニングに捻出することが

難しい人も多いのではないでしょうか?

 

またランニング初心者の場合、

30分以上ランニングを続けることがまず大きなハードルとなります。

 

そこで考えてみたいのが、脂肪が燃焼し始めるまでの時間の短縮です。

 

そんなことできるの?と思う方もいるかもしれませんが、

脂肪燃焼までに時間がかかる理由を考えれば

意外と単純な理屈で時間の短縮が可能でした。

 

脂肪が燃焼するまでに時間がかかる理由が

“まず糖が先に使われるから”というものでしたね。

 

ではその糖自体が少なければどうでしょうか?

脂肪が燃焼し始めるまでの時間を短縮することが可能になりますね。

 

五輪金メダリストの高橋尚子さんもダイエット目的のランニングは

身体の中に糖が少ない状態ですることが効果的であると語っています。

 

人それぞれですが、

エネルギー供給源が糖から脂肪にシフトされるタイミングを

10分程度早めることができるのではないかと言われています。

 

身体の中に糖が1番少ない状態のとき、それは食前です。

食事と食事の間の時間が空けば空くほど、糖の量は少なくなります。

 

1日のなかで糖が最も少なくなるのが朝食前。

ダイエット目的のランニングで最も効果的な時間は朝食前ということになるでしょう。

【スポンサードリンク】

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)