ランニングシューズの寿命目安は距離だけじゃない!写真で解説するランニングシューズの買い替え時とは?

ランニングシューズの寿命目安は距離だけじゃない!写真で解説するランニングシューズの買い替え時とは?
【スポンサードリンク】

 

ランニングシューズの寿命の目安 〜ミッドソールの経年劣化〜

 

アウトソールとインソールの間にある部分がミッドソールと言われる部分で、

先ほどの私のランニングシューズでいうと

白い部分がミッドソールにあたります。

 

ミッドソールはランニングシューズのコアになる部分です。

 

この部分で着地時の足への衝撃を和らげ、

同時に足を前へ運んでいく反発機能も兼ね備えており、

メーカーそれぞれのテクノロジーが詰め込まれていますね。

 

このミッドソールの部分も劣化します。

その劣化に伴い、衝撃吸収力・反発力が低下、

最悪不調の元となることも・・・

 

ミッドソールの劣化はアウトソールの磨耗といったように

見た目でわかるようなものではありませんが、劣化していきます。

 

この劣化は経年劣化も含むので、

あんまり走ってないから大丈夫、とは必ずしも言えないということになりますね。

 

そのクッション性は新品の頃と比較すると

明らかに違いがわかるとは言われています。

 

2足目以降のランニングシューズを買ったときに

新品とそうでないものを同時に履き比べてみて、

その違いが体感できると、

次回以降の買い替えのタイミングの目安となりそうですね。
 
 

【スポンサードリンク】

 
 

ランニングシューズの寿命の目安 〜インソールの劣化〜

ランニングシューズのインソールを外してみたことはありますか?

 

インソールに衝撃吸収のためのゲル素材が使われているものがあります。

 

劣化でかかとのかたちに変形してしまっていた…

ということもあるようです。

 

ランニングシューズ購入後に

自分でプロネーションに合わせてインソールを変えた場合も要チェックです。

 

インソールの素材が変形するとランニングフォームに影響してきます。

対策のために入れたインソールの劣化が

新たな不調の原因とならないようにたまにはインソールを外して、

変形などの劣化がないかチェックしてみることをおすすめします。

ランニングシューズの寿命を伸ばすために〜シューズは2足以上がおすすめ〜

ランニングシューズに限らず、

同じものを連続して使用すると寿命が短くなると言われていますね。

 

これには、休ませている間に素材がある程度

回復することが大きく関係しています。

 

つまりその回復を待たずに使用すると、

寿命が短くなってしまうということですね。

 

ランニングシューズにも同じことが言えます。

 

すり減ったアウトソールが休ませることで復活することはありませんが、

ミッドソールのクッション性は休ませることによって

ある程度の回復が見込めると言われています。

 

その回復に要する時間は24〜48時間と言われており、

3日に1回以上のペースでランニングをするランナーは

2足以上のランニングシューズを使いまわすことで

それぞれのシューズの寿命を伸ばすことができそうです。

 

ランニングシューズの買い換えや買い足しの際、

もし保管場所に余裕があれば古いシューズを取っておいても面白いかもしれません。

 

というのは、ランニングシューズのアウトソールを見れば、

自分の走り方の癖がよくわかるからです。

 

IMG_3736

私のランニングシューズのアウトソールは、

左のかかとの外側の磨耗が著しいですね。

 

自分のプロネーション(接地時に内側・外側のいずれかに倒れこみやすい)がわかると

不調を起こしやすい場所がわかりますし、

ストレッチやシューズ、インソールで予防策を講じておくことができます。

 

ランニングを続けるうちに膝などに不調がでてきた場合、

ランニングシューズがある程度使い込んだものならば、

寿命の可能性を考えてみてもいいかもしれませんね。

【スポンサードリンク】

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)