ランニング脇腹の痛みの本当の原因と予防策 脇腹痛の原因は油!?ランニング前の食事で予防できる!

ランニング脇腹の痛みの本当の原因と予防策 脇腹痛の原因は油!?ランニング前の食事で予防できる!
ランニング中の脇腹の痛み・・・

本当に嫌なものですよね。

 

決して初心者だけの悩みではないこのランニング中の脇腹痛、

どういった原因でランニング中に脇腹痛が起こるのか

知っているランナーは意外にも少ないのではないでしょうか?

 

 

実は脇腹痛は決して気まぐれで起こっているものではなく、

原因を知れば予防することが可能でした。

 

走り続けることができないほどの

強烈な脇腹の痛みの経験は私にも何度かありますが、

現在は事前に予防することでほとんど起こらないように・・・

 

普段のトレーニングはもちろん、

大切なレース中に脇腹痛に悩まされないためにも、

ランニング中の脇腹の痛みの原因と予防策についてご紹介します!
 
 

【スポンサードリンク】

 
 

ランニング中の脇腹の痛みの原因に疑問 横隔膜や大腸って本当に関係あるの?

ランニング中の脇腹の痛みの原因として

よく挙げられているのが、以下のようなものですが、

個人的にはちょっと疑問を感じています。

 

右脇腹痛〜横隔膜が原因説〜

ランニングで肝臓が大きく揺れるため、

結果横隔膜が引っ張られ、脇腹の右に痛みを感じる。

左脇腹痛〜脾臓と大腸が原因説〜

血液を一時的に貯めておく臓器である脾臓。

急にランニングをすることで血液が必要になるため、

脾臓が収縮、左脇腹に痛みを感じる。

また左にある大腸のヘアピンカーブにガスが弁がたまりやすく、

痛みを感じる。

 

確かに以上のような原因で脇腹痛を感じることはあるかもしれません。

 

しかし、肝臓が揺れて痛みがでるなら、

ランニングのたび毎回脇腹が痛むことになりますし、

徐々にペースを上げていっても脇腹が痛むことはあります。

 

大腸はあきらかに脇腹よりも下の部分ですし、

普段ランナーが悩まされている

脇腹痛にはあまり関係がないような気がしますね。

 

つまり、何が言いたいかというと、

実際にランナーが感じている脇腹の痛みには、

もっと別の原因があるのではないか?ということなんです。

 

実際にランナーのほとんどが普段は脇腹痛を感じることなく

ランニングを楽しんでいると思います。

 

ランニング中脇腹に痛みを感じた時とそうでない時、

たまたま横隔膜が引っ張られて痛んだ、

たまたま脾臓から血液が放出されて痛んだ、

そうではないもっと身近なことが原因で脇腹痛は起こっていると考えます。
 
 

【スポンサードリンク】

 
 

ランニング中の脇腹の痛みの本当の原因は食事

 

ランニング中の脇腹の痛みの大きな鍵を握るのは、”食事”。

 

ランニング前にとった食事のタイミングと内容が

その後のランニング中に起こる脇腹痛に大きく関わっています。

 

実は身体にとって、消化吸収にはかなりの重労働。

 

胃で細かく分解、腸で吸収され、

血流にのって身体全体に運ぶという一連の消化吸収にはかなり多くの血液が必要ですが、

身体全体の血液量は決まっているので、

消化吸収が活発に行われている間は内臓に血液が集中し、

その分他の器官の血液が少なくなります。

 

食後、眠くなるのも、

内臓に血液が集中し脳に不足するからという説は有名ですね。

 

つまり、消化吸収が活発な間は、

ランニングでつかう分の余裕がありませんよということになります。

 

それを無視して、バンバン心拍数を上げ、

全身の筋肉をつかうランニングのような運動をすると、

そちらに血液が強制的に持って行かれてしまうため、

消化吸収に必要な分の血液が不足、結果内臓が酸欠状態に・・・

 

すると内臓が痙攣するような動きを見せ、

脇腹の痛みが起こるということになるようです。

 

逆に言い換えれば、

ランニング前の食事のタイミングと内容を気をつけることで、

ランニング中の不快な脇腹の痛みの予防が可能ということになりますね。

 

では、次ページから、

実際にランニング中の脇腹の痛みの予防策を見ていきましょう。

【スポンサードリンク】

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)