ランニング女性のメイク ランニングで汚肌に!?メイクで対策!肌を守るメイクの方法とは

ランニング女性のメイク ランニングで汚肌に!?メイクで対策!肌を守るメイクの方法とは
【スポンサードリンク】

 

ランニングを楽しむ女性のためのキレイを守るメイク

ベースメイク・日焼け止め兼下地は絶対!!

紫外線からランニング中の肌を守るためにも、

ノーメイク派の女性も最低限日焼け止めだけはつけましょう。

 

ランニングする際の日焼け止めの絶対条件はウォータープルーフ

(最近は表記上の問題からウォーターレジスタンスと表記されることも)

とにかく汗に強いものを選んでくださいね。

 

ウォータープルーフ表記がないものでも

肌に塗って水を垂らした時に水滴を弾く、

皮膜感の高い日焼け止めがオススメです。

 

そこで気になるのが、肌の乾燥。

汗に強い日焼け止めをつかうと肌の乾燥が気になる女性は多いようで、

実際に私もそういう肌質です。

 

こちらの日焼け止めは乾燥を感じにくいので

ランニングする際と夏季の間、長年愛用しています。

Amazon:デルファーマ パーフェクトデイプロテクション

薄いベージュのお色つきで肌色を整えてくれるメイク効果もあります。

ベースメイク・ファンデは皮膜効果の高いBBタイプがおすすめ

ベースメイクも日焼け止めと同じように、

汗に強いという基準で選ぶことをおすすめします。

Amazon:キャンメイク パーフェクトセラムBBクリーム(ウォータープルーフ)

肌全体に皮膜をつくってくれるため、

粉塵などの大気汚染が直接肌についてしまうことを避けられますし、

汗を弾き肌の水分が失われることへの対策もできそうです。

こちらも崩れにくく、肌に優しいです。
 
 

【スポンサードリンク】

 
 

メイクの前に 最強の乾燥対策はワセリン

特に乾燥が気になる季節や風が強い日のランニングで

メイク前に乾燥対策として使っているのがワセリンです。

ワセリンは油焼けが心配という声も聞きますが、

油焼けは精製技術が低い昔の話。

 

チューブタイプが使いやすくておすすめです。
 
極少量を手のひらで温めながら伸ばして、

手のひら全体をスタンプのようにポンポンと顔に置いていきます。
 

花粉の時期、外をランニングすると

肌が荒れるという方の対策にも使えそうです。
 

アイメイク・チークはクリームタイプが密着度良

マスカラ・アイライナー・アイブロウはウォータープルーフのものが安心ですね。

 

基本的にパウダータイプのものは汗で流れやすいので、

アイシャドウやチークはクリームタイプのものが密着がよくおすすめです。
 

ランニングを楽しむ女性のためのメイクまとめ

ノーメイクでランニングはNG!最低限日焼け止めを

ベースメイクは汗に強いものを選ぶ

乾燥対策に保湿を強化

ランニング後はできるだけ洗顔を

 

ランニング後の肌には汗や空気中の細かい汚れが付着しています。

できれば、水でサッと洗い流しておくと安心です。

 

いつまでもキレイな肌でランニングを楽しむためにも、

キレイを守るといった観点からのメイクを取り入れてみてくださいね。

【スポンサードリンク】

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)