ランニングの際の食事はタイミングと炭水化物が超重要!負荷別,食事内容とタイミングを具体的に紹介

ランニングの際の食事はタイミングと炭水化物が超重要!負荷別,食事内容とタイミングを具体的に紹介

ランニングの際に重要な食事のタイミングと

炭水化物を含む食事メニューについてまとめてみました!

 

「健康になりたい」「痩せたい」などの理由から

ランニングを始めた人、最近多いのではないでしょうか?

 

お金を払ってジムに通わなくても気軽に始めることのできるランニング。

 

では、ランニングをするときはいつのタイミングで食事をしたらいいのか・・・。

 

食事の後、すぐランニングをすると横腹が痛くなるなんてことも。

 

ランニングをするときにはどんな食事が適している?

ランニングをするときには炭水化物を摂った方がいいのは本当?

 

そこで今回は、ランニングをするときの食事のタイミングや

炭水化物の摂り方について ご紹介していきます。
 

【スポンサードリンク】

 

ランニング前の食事は軽め!ランニング次第で食事のタイミングも変わってくる

ランニングをする時間にもよりますが、ランニング前は

軽めの食事を摂っておくことをおススメします。

 

空腹時にランニングなどたくさんのエネルギーを使う運動をすると

低血糖でめまいや貧血などを起こしてしまう可能性もあるのです。

 

軽いランニングの予定なら、食事はゼリー状食品やバナナ、リンゴなど

栄養価の高い食べ物を軽く食べておく必要があります。

 

軽めのランニングなら食事のタイミングは30分前までにがベストでしょう。

 

がっつり長時間ランニングなら、体のエネルギーになるお米、麺類などの

炭水化物を少なくともランニングの2時間前に食べておくこと。

 

炭水化物が消化されてエネルギーになるには2~3時間かかると言われています。

 

なので、がっつりランニングならしっかりと食事して、食べ物が消化された後が

ランニングのタイミングと言えるのではないでしょうか。

 

ランニング前の食事のタイミングは、自分がどれくらい走るかによって

食事のタイミングをつかんでいきましょう。

 

ランニング後の食事はタイミングを見計らってエネルギーに変えよう

 

ランニングの後に限らず、運動の後はお腹が空いてしまうもの。

では、どんな食事がいいのでしょうか。

 

まず、ランニングの直後は、消化の良いものを食べましょう。

 

人間は運動した直後は、消化能力が衰えているためです。

バナナや柑橘類、豆乳など、栄養がすぐに吸収できて

消化の良い食事がベストです。

 

また、ランニング後のしっかりとした食事のタイミングは

ランニング後の体が落ち着いてきた30分後以降がおススメです。

 

ちゃんと体が食事を消化できる状態になって、栄養バランスの良い食事を

タイミングよく摂っていきましょう。
 

【スポンサードリンク】

 

ランニングをするときの食事はエネルギーになる炭水化物が大事

ランニングをしたときは体のエネルギーをたくさん使っています。

 

なので、ランニングなどの運動をしたときはエネルギーの源になる

炭水化物、たんぱく質、脂質を摂ることが大事です。

 

また、炭水化物の食事を摂るときに、一緒にビタミンB群を

忘れずに摂ることをおススメします。

 

ビタミンB群は炭水化物をエネルギーに変えてくれる存在なのです。

 

ビタミンB1が多く含まれる豚肉などを炭水化物と一緒に食べれば

ランニングで疲れた体も回復が早くなるのではないでしょうか。

 

 

ランニングをするときの食事のタイミングは、自分がどれくらい走るか

いつ走るのかによっても変わってくるものです。

 

自分の運動量に応じて食事のタイミングを計り、運動量に負けない必要な栄養素を

摂っていくことが大事です。

 

食事の栄養のバランスを考えながら、軽めでいいのか、がっつり

炭水化物がいいのか、ランニングに合わせて変えてみてはいかがでしょうか?

 

自分に合った食事のタイミングを見つけて、

疲れすぎないランニングができるといいですね!

【スポンサードリンク】

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)