ランニング距離を初心者は気にしない!目安はランニング「時間」が正解!

ランニング距離を初心者は気にしない!目安はランニング「時間」が正解!
【スポンサードリンク】

 

ランニング初心者は距離よりも時間を目安に!そのメリットとは?

ランニング初心者は時間を目安にして走ることをおすすめします。

 

ランニングを続けていると、

1周5㎞コース・1周7㎞コース・1周10㎞コースなど

レパートリーが増え、

自宅やその他スタート地点を起点に大きく周回しながら

ランニングを楽しむ方が多いようです。

 

しかしランニング初心者のうちは

どの地点で不調が起こったり、限界を迎えてしまうのか予測がつきにくい分、

狭い範囲を走った方がよさそうです。

 

いつでもランニングを終わらせることができるコースであれば

多少の不調なら無理をして

ゴールへ向かってしまうことも避けられますね。

 

ランニング初心者のうち、ペースは早歩き程度の速さで十分です。

20分程度休まず走るところから始めます。

 

まず2週間程度続けてみて、

身体のどこの場所にも不調が起こらないことを確かめてから、

5分、10分とランニング時間を増やしてみます。

 

あとはその繰り返しです。

そうするうちに徐々にランニング仕様の身体が出来てくるので、

ランニング初心者の挫折理由に多い怪我や故障につまずかず、

スムーズに脱初心者の域に移行できることがメリットです。

 

30分かけて5㎞走るのと、

30分かけて3㎞走るのとでは消費カロリーはほぼ同じ。

 

無理してペースを上げたり、

「1日何㎞」とランニング距離の目安を決める必要は全くありません。

 

初心者のうちに目指すことは、

楽しく走り続けていくための身体づくりと考えてくださいね。
 
 

【スポンサードリンク】

 
 

まとめ ランニング初心者がトレーニングの目安にするのは距離よりも時間!

・ランニング初心者が距離を目安にすると怪我故障の原因となりやすい

・ランニング初心者は継続して走れる時間を目安にしたほうがレベルアップがスムーズ

・距離を目安にする場合は、距離に固執せず体調に合わせて臨機応変に

 

「何㎞走れた!」

という達成感は捨てがたいものですが、

初心者のうちは時間を目安にしたほうが後々スムーズです。

 

絶対に避けたい怪我や故障によるランニング断念のためにも、

毎日少しずつランニング時間を延ばして、脱初心者しましょうね!

【スポンサードリンク】

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)